外壁塗装に関する情報が満載です!

外壁塗装にはエコな塗料を

外壁塗装にはエコな塗料を 外壁は雨風に当てられ劣化していくものです。そのため外壁塗装はどんどん劣化していくため、定期的にリフォームする必要があります。そんな外壁塗装を塗り替える場合には、エコな塗料を選ぶことをおすすめします。
通常の塗料は太陽の熱をそのまま屋内に入れてしまいますが、遮熱塗料の場合は熱を反射して、断熱塗料の場合は熱の移動が長いため屋内に入るときには熱が冷めているという仕組みになっています。
これらの塗料の多くはファインセラミックという素材が使われており、高熱伝導率、高耐熱性を持っており太陽の熱を高率で反射したり熱を伝わりにくくする働きがあります。
熱が屋内に入りにくいことで、暖房や冷房を効率的に使うことができるようになり省エネ、低CO2、低コストを実現することができます。
また、シックハウス症候群やアレルギー物質を含んで伊那のものエコ塗料といいます。亜麻仁油などが使われており有機溶剤や揮発性有機化合物を一切使っていない天然塗料です。

外壁塗装の塗料をエコなものにした違いはどこに出る?

外壁塗装の塗料をエコなものにした違いはどこに出る? 外壁塗装は予算とか目的や耐用年数に従って塗料を選ぶことになります。その際に価格は幾分高くても遮熱・断熱塗料のような材料を選んでおくと省エネとしての効果を期待できます。
屋根と外壁は時期を変えてリフォームを行うのではなくて一緒に行っておくと、その都度の仮設足場の費用や養生の手間も省け、さらに面積面から言っても安上がりになるとされています。
この塗料を外壁と屋根、あるいは内壁に塗装することで夏場の室内温度は屋外の温度に比較して約4℃ぐらい下がるとされますのでエアコンを使う際にも冷房負荷を減らすことができ、電気代の節約にもつながります。
又、冬場は断熱作用によって暖房負荷を削減できやはり電気料金の節減につながるとされています。
東南アジアにおいて工場で作業を行う場合は多くの空調設備費や電気代を必要とするものですが、屋根や外壁塗装をこの種のもので行うことで電気料金の削減に結び付くとされています。屋根材が薄いスレート屋根や金属屋根である場合にその違いが出ると言われています。

新着情報

◎2018/6/1

外壁塗装によるアレルギー
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

外壁塗装に使うペンキについて
の情報を更新しました。

◎2017/11/9

外壁塗装に使うスプレー
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「塗装 エコ」
に関連するツイート
Twitter